不動産投資を賢く行なう為の方法について考える

知識が重要

知識を入れてから賃貸経営を

物件を購入して賃貸経営をしようと思う場合は、取りあえず何冊か不動産投資の本を読んでみましょう。そうすることで、全体像が見えてきますし、気を付ける点も分かってきます。物件を購入して賃貸経営をするのであれば、物件購入の金額が大きいですので、ある程度勉強してから始めると不安も少なくなるのではないでしょうか。 賃貸経営を始めるのであれば、利回りを計算することも大切です。家賃が入ってくるとなると、どのぐらいの利回りで経営していけるのかを目安として物件を購入することもあるでしょう。しかし、この利回りは物件にかかってくる経費も足して計算すると、本当の利益というものが見えてくるといえます。修繕が必要であったなら、それらの費用も足して計算してみましょう。

家賃が下がるということも考えておく

新築物件を購入したり、新築で建ててその物件で賃貸経営していくという方法もあります。しかし、新築の物件は高いですし、利回りが低くなってしまうかもしれません。また、せっかく新築を手に入れたとしても、入居者があまりいないような地域だと、その物件は宝の持ち腐れともなってしまいます。 ほとんど入居者がいないような地域でない限り、新築であればある程度の入居率は確保できるかもしれませんが、それも最初の何年かだけだということもよくあることです。ですので、新築物件を手に入れたとしても、数年後の家賃下落をしっかりと見据えて計算していくことが大切なのです。こういった計算を最初から工夫してやっておくことで、将来の家賃変動にも対応していけるのではないでしょうか。