不動産投資を賢く行なう為の方法について考える

リスクについて

不動産投資で怖い空室と家賃滞納

年々寿命が伸びている現代。老後資金を確保するために不動産投資が注目を集めています。また最近税制が改正され、相続税対策としても不動産投資の重要性が高まっています。しかしアパートやマンションを保有すれば必ず家賃収入が得られるほど不動産投資は甘くはありません。なにより不動産投資で重要なのは空室率を下げることと、家賃滞納された場合に素早く回収することです。不動産投資をされる方の多くは銀行からローンを借りており、その返済原資に家賃を当てているため、空室や家賃滞納は死活問題ともなります。そのような不安に対し、不動産投資を手がけている不動産会社などはサブリースとも呼ばれる一括借り上げ制度を用意しています。この不動産投資をしている方の不安に応える一括借り上げとはどのようなものでしょうか。

空室や家賃滞納を保証してくれる一括借り上げ

アパートなどの入居者管理や物件管理を不動産会社にまかせる方法は、主に3つあります。まず1つ目は家賃の集金などを行う管理代行です。この管理代行では空室や滞納のリスクは全てオーナーが負担します。2つ目は滞納保証付きの管理委託です。この場合には滞納は保証してくれますが、空室は保証してくれません。そして3つ目が一括借り上げです。一括借り上げでは空室や滞納に関わらず契約で決められた一定の家賃を不動産会社が保証してくれるものです。この一括借り上げでは、一定の家賃を保証してくれるため、空室や家賃の滞納の心配をする必要がなく、安心して不動産投資をすることができます。また入居者のクレームやトラブルなども全て不動産会社が対応してくれるため安心です。物件の維持管理も不動産会社が対応してくれます。そして意外なメリットとして、確定申告時の収支内訳書に住戸毎の入居者の氏名や家賃を記載せず、不動産会社からの毎月の入金を記載するだけで済みます。老後資金や相続税対策として有効な不動産投資。一括借り上げで安心して臨みたいものです。